人妻痴漢電車〜さわられた五十路母〜 水野淑恵

 




「私…ただのおばさんなのに…どうして?」家に戻り、衣服に着いた精液を拭き取る淑恵。つぎの日、淑恵はまたあの電車へと足を運んでいた…。
久々の墓参りで電車を使った淑恵は不運にも、痴漢グループが縄張りとする車両に乗り込んでしまう。目をつむり痴漢のことを思い出すと身体が疼いてしまう自分がいた。痴漢魔たちは淑恵を見るなり、この上ない獲物が来たと舌なめずりをしてしのび寄り…。気がついたら淑恵は痴漢魔たちに取り囲まれ抵抗虚しく犯されてしまう。
詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この動画に関する、ご意見や感想・評価をお聞かせ下さい!

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「感想・評価を送信」ボタンを押してください。